fc2ブログ

第2174回「子供のころに嵐、大雨、台風が来たときの気持ちは?」

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の一ノ瀬です今日のテーマは「子供のころに嵐、大雨、台風が来たときの気持ちは?」です台風が来たときはどちらかというとワクワクした気持ちのほうが大きかったように思います!ただ、実は音に敏感だったりするので、いきなり大きな音が鳴るような雷は今でもびっくりしてしまいます子供のころに嵐、大雨、台風が来たときの気持ちはワクワクしていましたかそれともビクビクしていました...
FC2 トラックバックテーマ:「子供のころに嵐、大雨、台風が来たときの気持ちは?」




能登半島の海の町に育った

湾に面した町だったので
そんなに大きな台風は来なかったけれど
数年に一回、大型台風がやってきた

昔つくりの家だったので
家が倒れるという心配は全くなかった

でも、いざという時のために
停電にもなったので
いつもは、バラバラに寝ている家族が
一部屋に集まって寝た
なんとなくね
その雰囲気が嬉しかった

小学校低学年までは、両親と一緒に寝ていて
父に、毎日、昔話をしてもらっていたから
普段から寂しい、という感じではなかったんだけれど
高校生の姉や、社会人の兄も一緒の部屋で就寝
ちょっとワクワクしていたかな?


ただ、いつの台風だったか・・・
我が家は、サラリーマンだったけれど
近所の方は、殆ど、
自分で船を持った漁師さん

台風の時は、船が流されないように
厳重に括り付ける

私より1歳年下のある家の男の子
船を見に行くと言ったまま
なかなか帰ってこない父親を捜しに
出かけた

小学校5年生くらいの時かな?
お母さんが心配して、
行かなくていいから・・
と言われたらしいけれど
二歳上のお姉さんと自分
父親がいなかったら
自分が、守らないと、と思ったのかもしれない
お母さんの制止をおして
出かけた

しばらくして、父親は帰宅
息子が帰っていないと知り
また出かけて、探したけれど
見つからなかった

一夜明けて
台風は去り
穏やかないつもの漁港

彼は、海の底に膝を抱えるようにして
沈んでいた・・・
と聞いた

どこまでが本当か?
わからないけれど
私より一歳下の男のが
亡くなったことは事実です

台風というと、その彼のことを思い出す

自分が、家族みんなといて
ワクワクしていたことを思うと
余計に、かわいそうで仕方ない

今なら
携帯電話で
なかなか帰ってこないお父さんに
電話で様子を聴くこともできただろうにね

自然はやはり怖い




スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

02 | 2024/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
プロフィール

anne123

Author:anne123
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ライフスタイル向上のすすめ

THE SIDEWINDER

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

アルパカ星へようこそ

読書のブログ

kbrkのつぶやき

One to Go

パネルジャムの混ぜジャムブログ

全日本丸顔協会

サエっちのサエズリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR