fc2ブログ

人が亡くなるということ⑦葬儀場から家へ

葬祭会館を出て、
とりあえず、義母を田舎の実家へ。

まだまだしなければいけないことが
たくさんあるので

かわいそうな気もしたけれど
この日は、一人で実家でお留守番をしてもらうことにした。

最近は、お葬式の後に
初七日をするらしいけれど
実家のお寺さんは
絶対に同じ日の初七日は
させてくださらないとか・・・

翌日に・・・
と言うと、
引き受けてくださいました。

お義母さんを実家において
私たちは、いろいろ手続きに。

ご近所さんがくださった、お香典は
町に寄付。
その手続き。

お世話になった施設の退所手続き。
病院への支払い。
などなど、

この施設に入れてもらえて、
とても幸せでした。
   施設

痴ほう症のグループホームでした。
誕生日の前日に
病院まで所長さんが
お祝いに来てくださり、最後の色紙もいただきました。
   施設2

もう、この施設に来ることもないのかな?
と、思うと、ちょっと悲しくなります。

本当にありがとうございました。

最初のころは、
「家に帰る」と繰り返していた義母も
『ここにいていいの?』

『また遊びに来てね。』
と、まるで、自分の家のように落ち着いていきました。


さて、その晩、私たちはホテルで宿泊。
翌朝、実家でお義母さんを迎えて
お寺へ。
初七日です。

このお寺。
これはほんの一部分です。
結構大きいお寺です。

   施設3

   施設4

   施設5


お寺って、お葬式のお礼(?)
どのくらいするものなのか、規定がないので
悩みました。

主人は、ご近所さんにあちこち聴いて
義弟とも相談して
なんとかきめていたようです。

その後、四十九日の日や場所を決めたり
お墓のこと、
位牌のこと、

やらなければならないことは、たくさんありすぎて・・・・

でも、ひとまず、大阪のわが家へ
お義母さんも一緒に帰ることにしました。

これがまた大変なのですが・・・・
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

初七日を葬式と同じ日にすること多いですね
最近はほとんどそうだと思います
私の母の時もそうでした

お寺さんの宗派によって違うと思います
しきたりというんでしょうか
厳しいところもありますよね

四十九日はするけど
百日はしないとか.....
いろいろあるようですね

難しいですよね。

冴様

お母様のこと、思い出させてしまったとしたら
ごめんなさいです。

宗派によってずいぶん違うようですね。
100日法要は主人のところでもしません。

反対に私のところは
7日ごとに、近所の方が集まり
お経をあげたり
100万べん、の、数珠くりと言うのをします。

人が亡くなるということは、大変ですよね。

02 | 2024/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
プロフィール

anne123

Author:anne123
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ライフスタイル向上のすすめ

THE SIDEWINDER

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

アルパカ星へようこそ

読書のブログ

kbrkのつぶやき

One to Go

パネルジャムの混ぜジャムブログ

全日本丸顔協会

サエっちのサエズリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR