fc2ブログ

嫁・姑・小姑・お婿さん

午前にAさんと、夜にBさんと会いました。

Aさんの話からです。
結婚当初、ご主人の両親と同居。苦労していたのは知っていました。
でも、相当だったようです。
話を十分の一にして聞いても、酷い!
近くに義姉が住んでいて、お義母さんとべったり。

仕事をしているAさんがいつもより少し早くに帰宅すると
「嫌やわ、もう帰ってきた。Aが帰ってきたら、悪口もいえんな、もう帰るか?」
内孫の子ども2人が熱を出しても、見てくれず、
夫も仕事があるから、知らん顔。
彼女は、その当時独身で仕事をしている実弟に休んでもらい、みて貰った事もあるとか。

住んでいた家は土地はご主人名義で、彼女が職場でローンを組み、家を建てた。
それでも、義姉の一人息子がその家の前を通るたび
『この家、本とは僕ん家やで~」といっていた。

彼女が耐え切れず、下の子どもが一年生になるときに家をでた。
ご主人が
『子どもや嫁はいくらでもできる。でも親は独りしかいない。』といって家に残った。

所が義母が一番可愛いのはお姉さんだけ。
で、「世間体が悪いから、あんたも嫁さんと一緒に行き。」
と言われ、数ヵ月後に、彼女のところに同居。

今、その両親もなくなられ、お義姉さんも先日なくなられた。
元の家は空き家になっているが、
法事などはその家でやるとか・・・

今までご主人にはお義母さんのことは「息子には言わないで」といわれていたので
しかも、ご主人も同じ考えだったので黙っていたそうです。
でも、先日、絶縁状態になっていたしたのお義姉さんと会い、話した所
実の娘なのに
『あんたは綺麗でもない、頭もよくないから、いらん子だった。』
と小さい頃から言われ続けていたと話されて、
ご主人に話す決心をし、数時間話したそうです。

それ以後、寝室を別にして、今はとてもすっきりした。
時にはご主人がかわいそうにおもうこともあるそうです。

う~ん、この現代に、まだ、こんな話があるんですね。

彼女のご主人は定年が過ぎても、会社が手放さないほどの、高級取り。
お金に不自由はしていない。

私は生活ができないほどではないけれど、
『宝くじ当たらないかな~』といつも思っている生活。

彼女のご主人は、とてもマメで、料理もしてくれる。
内はプ~太郎だし、料理どころか自分の飲み物さえ入れない。

でも、精神的な苦労は私あまりなかったかも・・・

どちらが良いというわけではないけれど、
もし、私が彼女なら、もっと若い頃に飛び出し、分かれていたかな?

だけど、時々フラッシュバックはするようだけれど、
彼女が今はとても幸せそうに見える。

長い人生、誰でも、プラスマイナス0になっているのかも・・・

長くなったので
Bさんの話は後日です。

今から仕事。今日は3時間です。
行ってきま~す。
スポンサーサイト



trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【嫁・姑・小姑・お婿さん】

午前にAさんと、夜にBさんと会いました。Aさんの話からです。結婚当初、ご主人の両親と同居。苦労していたのは知っていました。でも、相当だったようです。話を十分の一にして聞いても、酷い!近くに義姉が住んでいて、お義母さんとべったり。仕事をしているAさんがい...

comment

管理者にだけ表示を許可する

02 | 2024/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
プロフィール

anne123

Author:anne123
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ライフスタイル向上のすすめ

THE SIDEWINDER

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

アルパカ星へようこそ

読書のブログ

kbrkのつぶやき

One to Go

パネルジャムの混ぜジャムブログ

全日本丸顔協会

サエっちのサエズリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR