fc2ブログ

「体罰は勉強不足による安易な指導方法。決して強くならない」

元巨人の桑田さんの言葉です。
ほんとに、その通りです。
暴力を振るわれて、誰がその人を好きになりますか?

怖いから、従うだけ。
ほんとの強さではありません。

桑田さんが、頭でっかちだから・・
と言う意見もありますが
違います。
本人に分かる言葉で、本人に伝わる態度で、繰り返し話せば良いんです。

ビンタをして、それがまるで愛情から発したものだから良いんだ。
と言う考え、おかしいです。
愛情があればビンタなんてしません。
指導者、若しくは親が、自分の感情を抑えきれずに、はけ口で暴力を振るうんです。

昔私の母が言っていました。
母は教師をしていました。
戦前のことなので、当然、子どもをぶったこともあったそうです。
でも、
結婚し、初めてわが子を持ち、
教壇に復帰して、子どもの顔を見たときに、
『何でこんな可愛い子どもをぶつことができたんだろう。
 親にとって子どもって、何者にも替えがたい。』
と、涙が出たそうです。

その後、二度と子どもをぶつことが出来なかった。
と話していました。

母は、子どもの私から見ても、
素晴らしい教師だったと思います。
小さいとき、あまりにもクラスの子どもの話をし、可愛がるので
私は嫉妬したほどです。

『体罰では、決して強くならない。』
桑田さんの言葉に、ほっとしました。
スポンサーサイト



『好きな先生のビンタは喜び』ですって?

今、スポーツ新聞を開くと、金八先生,物申す。
と載っていた。
『好きな先生のビンタは喜び』
『きらいな先生のは暴力』
ですって?

自分のドラマからの体験からも・・・
とあった。

私は100%、
ビンタ=体罰=暴力
だと思います。

100歩譲って、『好きな先生の・・・』
って、一体誰が決めるんですか?
教師がその子を好きでも、その子はどうでしょうか?
教師はとても酔いやすい職業です。

自分は子どもたちの事を一生懸命考えている、つもりです。

恋愛と一緒です。
自分が好きでも、相手の子が好きになってくれるとは限りません。
私も、愛は通じると思っているし、
昔の歌の
『最後に必ず愛は勝つ!』
を、信じています。

でも、これには長い時間がかかるし、
1年や2年で通じない場合もあります。

教師は教える技術がとても大事です。
同じくらい愛することが大事だと思います。
それも無償の愛。
無条件で、自分が接する子どもを、心から好きになること。

『俺は、お前を好きだから。お前に立ち直って欲しいから、ビンタする。』
何て、思い上がりです。


何度でも何度でも、自分の思いを言葉や態度で示す。
決してビンタではありません。

またまた100歩譲って・・・
金八先生の時代と、今の時代は違うんです。
子ども達は精神的に強くありません。
その子どもたちと、昔の逞しかった子どもたちと同じように考えてるのは無理です。

新聞の文章に
『金八先生が愛されていたことを物語るエピソード』
として
『ビンタシーンを撮るのに、5人募ったら何と30人全員が手を挙げた。』
と言う記事も書いてあった。

ドラマの世界と、現実の世界は違う。
ドラマの世界だと、どこか分かりながら視聴者は見てのめりこみます。

現実世界で、やはりビンタは暴力です。

『自分を好きになれない者は人も愛せない。
 そんな人たちがいじめを起こしていると思える。
 教育そのものを変えたほうがいい。』
この記事のイジメについて、武田鉄矢さんが言っていた言葉です。
これには賛同します。
12 | 2013/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
プロフィール

anne123

Author:anne123
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ライフスタイル向上のすすめ

THE SIDEWINDER

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

アルパカ星へようこそ

読書のブログ

kbrkのつぶやき

One to Go

パネルジャムの混ぜジャムブログ

全日本丸顔協会

サエっちのサエズリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR