fc2ブログ

栗を茹でる

久しぶりに、以前の職場の人たち7人でランチをした。
同じ市に住んでいる人たちで、持ち回りで幹事をしよう!
と言うことになり、次回は私たちが担当。

誰に連絡するとか、きちんとした葉書で案内するとか・・・
そんなことはしない。
口伝に、電話やメールで思いついた人に連絡するほうが
もれ落ちがあった時に、言い訳できていいのではないか?
と言うことらしい。

声をかけてもらえる一人で、良かった。

この7人、一人を除き、全員仕事をリタイヤしている。
でも話は以前の仕事のことがほとんど。
まあ、共通の話題かな?

それから、今何をしているか・・・の話。
そのうちの一人は
蒜山に別荘を買い、ご主人はずっと行きっぱなしで、
彼女は週末だけ大阪に帰ってくる。

お土産に大根と栗をもらった。

栗ね~。
食べるのは大好きだけれど、
調理は面倒くさいな~。

どうやって食べるか?

まず、①生栗を半日くらい、水につけておく。
   ②ひたひたの水に入れて、10分くらい茹でる。
    (圧力釜だと、沸騰したら火を止める。)
    (我が家には圧力釜がないので、今10分茹でたよ。)
   ③しっかり冷めるまで置いておく。

ここまでは下ごしらえで、料理はこれから。

何がおいしいか?
やはり『栗ごはん』でしょう!

ただ栗ごはんは、皮をむくのが大変。
皮さえ剥いてしまえば、後は炊き込みご飯と同じだけれど・・・

栗大好きは私はたぶん、200粒程ある栗も
ひたすら、二つに切った栗をスプーンですくって食べつくす。

だって、我が家で栗がすきなのは私だけ。
手間隙かけて、栗ごはんを作ったとしても
あまり喜ばない人ばかり。
だったら、一人で食べ続けても許されるよね。

だけど、今ダイエット中だしな~。
今回は栗ご飯チャレンジしてみようかな?
そして、家族に無理やり食べさせようかな?
スポンサーサイト



生活保護ってなんだろうか?

昨日の銀行で、矛盾を感じたことです。

窓口で、私が手続き中何気なく隣の席を見たら、
わたしの番号札のひとつ前の人が、話をしていた。

私が番号札をとるときに、係員の人に
『生活保護を受けるので、振込口座を作りたい。』
と言っていた人だった。

たぶん20代半ばの夫婦?かな?
元気そうに見えるけれど、どこか病気でもあるのかな?
ご主人のほうは、日本人ではないかも・・・
係員の方が、『日本語大丈夫ですか?』
と聞いていたから。

女性のほうは日本の人のようだった。

『カードが2種類あって・・・どちらがいいですか?』
と言う質問に対して、
『待って、聞いてみるから。』
と言い、電話をかけていた。

『あ、まま、カード2つあるんだって、どっちがいい?
 ○○のほうが便利だよね。
 だって、わざわざ下ろさなくても、買い物できるんだって。
 買い物いつでもできるよ。
 カード便利だよね。』

と言うことを、楽しそうに話していた。

聞き耳を立てていたわけではないけれど、耳に入ってきた。
読んでいた本はどこかにとび、思わず、隣を見た。

しまった!ご主人と目があった。
あわてて、また本に目を落としたけれど、
なんだかな~。

若いんだし、働けないのかな~。
しかも生活保護を受けて、
カードで楽しく買い物するのかな~。
母親もいるみたいなのにな~。

当然、後ろめたさなんて感じないのだろうな~
まあ、正論で言うと、感じる必要はないのだろうけれど・・・

先日の新聞で
最低賃金より、生活保護費のほうが高額だ。と載っていた。

だけど、生活保護費を下げるのではなく、最低賃金を上げるべきだ。とコメントしてあった。
確かにそうだろうと思う。

でもね、現実、この不況で、賃金を上げるのが大変なんだと思う。
だったら、仕方ないじゃないの? かな?

どう考えたって、まじめに一生懸命働いている人が
働けるのに働かない人より、貧しい生活を強いられるのは、間違っている。

矛盾だらけ・・・

人として、一生懸命働くのは当然。
当然のことをきちんとしている人に、光は当たるはず。
それはいつのことだろうか・・・



キャッシュカード・指認証

銀行の窓口に、久しぶりに行った。

用件は、2つ。
1つは、小額ながら、積立貯金をしてみようと思ったこと。
年金生活になり、お金は遣うだけ。
まあ、遣うためにあるのだから、当然のことだし、
年金だけで暮らすことは無理。
だけど、ちょっとくらい、増えていくものもあっていいかな?と思ったから。

2つ目はセーフティーボックスを借りようと思ったから。
入れるものは2つ、家の権利書と、娘のマンションの権利書。
たったコレだけのために、借りるんだ!
思ったより安いしね。
年間1万2千円。
月にするとわずか千円。

積み立てはすぐに手続きができた。
セーフティーボックスは、担当者がいないということで
仮予約。
まあ、いいか・・・

手続きを待つ間、薦められたのが、キャッシュカードの代わりの指認証。
最近キャッシュコーナーに、必ずと言っていいほど、設置されている。

窓口の方の言葉
『ちょっとリッチな気分になれますよ。』
『カードの暗証番号忘れても大丈夫。』
と言う売りだった。

指認証って、指紋認証だと思っていたので
馬鹿な私は
『今、指の皮が剥けているんですけど、大丈夫ですか?』
と聞いた。

『静脈認証なので、指紋は関係ありません。指の皮がむけていても大丈夫ナンです。』
と、にこやかに答えてくださった。
おまけに、どこの銀行は、手のひらで・・・
とか、どこで使えるとか・・・
ほんと、馬鹿な人だと思われたんだろうな~
極めつけは
『もう、暗証番号忘れても大丈夫ですよ。』
だって!

まだまだ大丈夫、暗証番号は覚えていられます!
と少々むっときたけれど
大人の私はにこやかに
『便利ですね。』
と答えておいた。

説明を聞いて、ちょっと不便だなと思ったこともある。
代理がきかないこと。
指認証の機械があるところでは
もうカードが使えない、。
つまり、誰かに代わりに行って貰う事ができない。

ご主人のものもされたらいいですよ。
と薦められたけれど
それは無理。
だって、主人の口座から、私が引き出すことができなくなる。
無理無理!

で、なんとなく、満足して帰ってきたんだけれど・・・
矛盾を感じたことが、隣の窓口の若夫婦について・・・

次回に・・・

09 | 2012/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
プロフィール

anne123

Author:anne123
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ライフスタイル向上のすすめ

THE SIDEWINDER

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

アルパカ星へようこそ

読書のブログ

kbrkのつぶやき

One to Go

パネルジャムの混ぜジャムブログ

全日本丸顔協会

サエっちのサエズリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR