辛いね~。

今、姉から電話。
長電話。
この夜の貴重な時間に
なんと、80分近くも話していた。

まあ、姉が一方的にだけれどね。

姉の尊敬する大先輩の方が
病気になられて、姉が話していても
ちょっと認知症が入っているのでは?
と感じるらしい。

今日は、病気のことで緊急入院。
奥様が付き添われているんだけれど
一緒に行った姉に看護婦さんが
いろいろ聞かれる。

奥さん、心配からか
なんににも要領を得ないらしい。
大変だったのよ。

あんな素晴らしい方が、
話が通じなくなり、怒りっぽいって
辛いね~。

と、姉は言うけれど

話を聴いていてら
私、義母と、奥様がダブって見えた。

私もこのご夫婦をよく知っているけれど
本当にいい方たち。

でもね、私も奥様のことが気になった。
ご夫婦で認知症では?
と、思った。

何だか悲しいね~。
どんなに立派な人でも
認知症にならない保証はない。

私も、そろそろ準備しておかないと・・・

姉は独身。
先輩ご夫婦には、お子さんがいない。

お金持ちな方だけれど
手続きはだれがする?

お墓は?

姉は、姪に頼んでいるし
実家のお墓に入れ、と兄に言われているけれど・・・

姉が、あんたはいいよね。
娘がいるから
なんとかしてくれるよ。

と言うけれど

独身でも、娘には娘の生活がある。

世話にはならないと決めているけれど
具体的には、まだ考えていなかった。

そろそろ準備だわ。

施設を探そうか?
お墓を考えようか?

旦那を先に送らないとね・・・

あ~~あ~
姉のせいで、暗くなってしまった。

さあ、明日に希望を!
明日、何するかな?

晴れるといいな~。
スポンサーサイト

治りました!

主治医の先生は、金曜日だけ。

でも、もしかしたら、明日行けないかもしれない・・・
ちょっと悩んで、今日、行ってきました。
病院へ。

年末に切った、右手の傷。

治りました~!
今日から、お風呂につけてもいい。
『普通に入っていいですよ。』
『見たくないでしょうから、バンドエイド貼っておきますね。』
『でもいつはがしてもいいですよ。』
『もう、通院の必要はありません。』

と言うことは、つまり・・・
完治ですよね!

あ~手を切ってからちょうど三週間。
長かった~。
痛みは我慢できる。

でもね、お風呂に全身を沈めることができない。
これが一番つらかった。

今日から、長風呂復活!

嬉しい~。

手の様子は、何にもなかった感じです。
   痛い7 (2)

ね、ほんと、どうってことない傷です。

いつか、気持ちの悪い写真も、
記念にアップしたいな~。

医学に、お医者さんに感謝です。

落ち込む!痛い!腹が立つ!

暮れに切った、手の・・・
抜糸!

もうこれで、お風呂も、スーパー銭湯も
ジムにも行ける!

ちょっとくらいの抜糸の痛さは我慢!
と、ウキウキ、で病院へ。

抜糸しました!
でもね、先生が
「う~~んくっ付きが悪いな~」と
ぼそっと言われた。

え~年のせいかな(?)と内心思った。
で、またテーピングされて
あと一週間後ね。

だって。
落ち込んだ・・・
まだお風呂にどっぷりつかれないのか・・・
片手をあげて入ると
肩が凝るんだよね~。

落ち込む。

でも仕方ないよね?

抜糸はプチン、プチン、と鋏のようなもので
糸を切られて、
我慢できる痛みだったんだけれど

だんだん、痛みが増してきて
看護師さんに、痛むんですが・・・
と言うと

抜糸した後は痛むんですよ
我慢してくださいね。
そのうち、痛み収まりますから・・・

だって。

そんなもんか・・・

でもね、傷口を見たら
『くっ付きが悪い』ではなく、
くっ付いていないんじゃないの?
中の肉はくっ付いているけれど
上の皮(?)は、2ミリの深さ
4センチくらいの長さで
口が開いている気がするよ?

痛いよ~。
これも我慢か・・・

でも、時々みたら
これテーピングの意味ある。
テープで押さえるんじゃなくて
口が開いたままのテーピングだよ。

傷口がこれでくっつくのかな~?

だんだん、腹が立ってきた。

切ったことにも
迂闊な自分にも
痛みにも
お医者さんにも
暮れに、お節を作ったことも

お風呂に浸かれないことにも
全部に、腹が立ってきた。

今、初詣に行き、
おみくじを引いたら
『大吉』

どこが?大吉?

まあ、病気は必ず治るって書いてあった。

おみくじも
お医者さんも、
自分の回復力も

信じるしかないよね?

ヤマボウシ

昨日、旦那の定期検診に行った。
4月5月に毎日通った大学病院。

相変わらず混んでいる。
駐車場も満車。

予約時間から遅れて20分、
診察。

血液検査の結果、良好、順調。
と言うことで、ホッと一息。

でもね、なんで、病院って混むんだろうか?
診察時間5分。
計算10分待ち。
支払いにちょうど1時間。

支払金額、なんと220円也。
駐車料金300円。

なんとも摩訶不思議。

でも、世の大学病院って、こんなものかな?
で、帰り道、ぶらぶら歩いてたら

春に見つけたヤマボウシの木。
   山4

季節が移り変わり
もうあの可憐な白い花は咲いていない。

でもね、眺めていたら
   山3

実がなっている?

ほら、やっぱり実だわ。
   山2

何か、丸くて、ちょっと棘かな?
可愛いね~。

こうやって、子孫を残すのか・・・
病院にピッタリな木かもしれない。

勝手に解釈して、勝手に癒されていた。
次回は、半年後。

それまで、受診しなくて済みますように・・・
そして、またあの白い花を見ることができますように・・・

ありがとうございます。

今日は、リハビリと注射。
五十肩、少しずつ回復しているような感じだけれど
まだ、痛む。

以前にも書いたけれど
この医院の駐車場、非常に停めにくい。

2台分あるけれど
1台停めてあると、切り返しができない。

今日は、最悪、
今まで一台も停まっていなかったのに
今日は一台停まっているじゃないの。

切り返しどころか、頭を突っ込むのが精いっぱい。

まあ、いいか・・・私より、先に来られているんだから
私が終わって帰るときには
この車もう出ているよね?

さてと・・
治療が終わりました。

え~~っ!嘘!
まだこの車停まっている!
どうやって私出たらいいの?

しばらく車の中で待機。
でも、隣の車の持ち主、出てこない・・・

しょうがない・・・・
バックで行くしかないよね。

そろそろ、そろそろ・・・
ゆっくりゆっくり・・・
なんとか、大通りに入る所までバックで進んだ。

でも大変なのはここから。
大通りは、駅まで数分の、本当にメインストリート。
ひっきりなしに車が通る。
しかも歩道も、たくさんの自転車や人が通る。

は~~、
冷や汗。
だって、バックで、見えないんだもの。

あ、人が来た。
ストップだわ。

止まったら、そのおばさん、何か私に言っている。
窓を開けて
『すみません・・・』と謝る。
するとその方

先に行っていいわよ。

通りかかった高校生の自転車も停めてくださった。
そして、どっちに行くの?
と聞いてくださり、私が

駅のほうです。
と言うと、
なんと、車道に降りて
来た車を体を張って停めてくださり
『今よ、行きなさい。』
と言ってくださった。

今、思い出しても泣きそうになるくらい
ありがたかった。

全部の窓を開けて、
そのおばさん、止まってくれた高校生
停まってくれた車の方に

ありがとう!
と言ったけれど

世の中には、本当に親切な方がいるものです。

私もそんな人にならないと・・・

今まで、横入りしてきた車に
ブツブツ、聞こえないように文句を言っていたけれど
これからは言いません。

入りたい車は全部私の前に入ってください。
喜んで入れてあげる。

と、今日は心底思った。

あの、おばさんに、心から感謝です。



01 | 2018/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カウンター
プロフィール

anne123

Author:anne123
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ライフスタイル向上のすすめ

THE SIDEWINDER

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

アルパカ星へようこそ

読書のブログ

kbrkのつぶやき

One to Go

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

パネルジャムの混ぜジャムブログ

全日本丸顔協会

サエっちのサエズリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR